ライターに転身してわかった外注で失敗するアフィリエイターの特徴

外注ライターに依頼をしても思った通りの記事が出来上がって来ない。って思ったことは外注をやっていて悩んだことがあるはず。

アフィリエイターからライターに転身したことで、これはライターの能力が足りない場合と、依頼する側の能力が足りないケースももあるということに気がつきました。

でも1番気になったのは、依頼の質。悪いのではなくて、びっくりするぐらい依頼がボヤけているんです。

記事の質はライターの質と同じくらい、依頼の質にも左右されます。ライターにとってもいい記事を書けなかったり依頼者の意図通りの記事を納品できないのはストレスが溜まるものです。

ライターにとってどんな依頼だと書きにくいなのか、そしていい依頼をする方法について触れて行きます。

1.指定するキーワードの意図が広すぎる

まず1つ目が「指定するキーワードの意図が広すぎる」という点です。

例えば転職のアフィリエイトプログラムを掲載するサイトを作る場合のキーワードで言えば、

  • 履歴書
  • 職務経歴書
  • 面接

などのキーワードを指定している場合は最悪です。なにが最悪かと言うと、ライターにとって指定するキーワードの意味が広すぎてどんな記事を書けばいいのかわからないから。

新卒の就活している人が「履歴書」と検索した場合と、30才の転職希望者の「履歴書」は検索の意図が違います。そして人事の採用担当者げ検索するときの「履歴書」はさらに意味が異なることはわかりますよね?

依頼する側のアフィリエイターには、完成している記事のイメージがあります。ないのならそれはそれで問題ですし。その希望していた記事のイメージと、できあがって来た記事にズレがあると「こんな依頼した覚えはない」なんてことになるのでしょう。なのでどんな記事にしてほしいのか、キーワードと共に明確なイメージを使える必要があると思います。

キーワードの意図を狭めて指定するという方法があります。履歴書であれば

  • 履歴書 書き方
  • 履歴書 転職
  • 履歴書 渡し方
  • 履歴書 テンプレート
  • 履歴書 パソコン

などパッと思いつくだけでもたくさんの候補があります。他にもたくさんの意図があるので、キーワードプランナーなどで調べるようにしましょう。

イメージが明確に伝えないと、結果的にはどこにでも他と同じような記事ができてしまうんですよね。当たり障りのない誰にでも違和感のない記事になってしまいます。よくある、文字列を並べ替えただけの記事はこうやって生まれるんですね。これはライターさんも悪いですが、依頼側も悪い可能性があることは肝に命じた方がいいです。

ちなみに、もし「履歴書」というビックキーワードで上位表示したいんだというお話ならもっと最悪です。それならそれはリサーチ不足すぎます。大きいキーワードで上げるのなら1番多い検索意図を調べたり、他にもリサーチする必要あります。それをライターに任せてしまうのは無理がありますよね?

意外とそういう依頼が多くてびっくりしています。

2.ターゲットを明確に指定していない

キーワードの意図も広すぎる上に、ターゲットも明確でなければ、ライターとしては更に困ります。もしキーワードの意図が広すぎたとしても、ターゲットが明確ならライターによっては書くことができます。「履歴書 書き方」という検索の意図を絞ったキーワードでも、ターゲットを明確に指定すると指向性が高まり、一気に濃い内容の記事を書けるようになります。

例えばターゲットを新卒で就活をしている人であれば「学歴をメインとした履歴書を書く方法を知りたい」という想像ができますし、転職者であれば「転職をする時の職歴の書き方」を書く必要かもしれません。

しかし問題は両方とも書くわけにはいかないんですよね。というのもアルバイト経歴を含めた履歴書の書き方を書いていれば転職希望者はそのページから離脱するし、逆だと新卒は離脱するわけです。文字数の制限もある場合も多いのでケースごとに全て書くわけにはいきません。

どちらかに偏って書くことはもっとライターにとってやりたくないことで、勝手にターゲットを決めて書いてしまえば納品時に大きな修正依頼が来る可能性もある。それは絶対に避けたいんです。

さらにターゲットによって使う語彙が変わります。共起語って知っていますか?アフィリエイターにとって普通の単語ですが、SEOを意識したことがないひとにはさっぱり意味が通じない単語です。このように専門用語をどこまで使うかというところでもターゲットの設定は大切です。

3.キーワードの対して文字数が少ない

大きなキーワードを狙う時にターゲットも明確にした上で、残念だなと思うのが文字数指定です。

予算の関係もありますが予算が問題なのであれば、最初から零細キーワードで上位表示を狙った方がいいです。キーワードの意図が大きいビックワードの場合どれだけギュッと小さくまとめて書いても、書くべき項目が多いのでその項目ごとの掘り下げが一切できない記事になってしい結局アクセスのないページになってしまいます。

ライターの立場で理想的なのは文字数無制限です。

ただしこれをできるのは、そのライターさんとの信頼関係があるからですね。だからこそ指定するキーワードを自分でもちゃんと調べて適正の文字数を指定して上げることは必要だと思います。

その都度文字数を指定するのは大変なので、ある程度の文字数の上限や下限は許容してもらえるとライターとしてありがたいですね。

ごく稀に逆パターンもあって、文字数多すぎるけどそんなに書くことがない場合もあります。希望であれば書きますが、味噌汁は倍の量の湯で薄めたようなうっすい記事になりそうになることがあるので、その場合は相談するようにしています。

4.販促ページの執筆依頼

記事の目的は色々とあります

  • アクセス集めのためのページ
  • 別ページへ内部リンクでアクセスさせるためのページ
  • 販促ページ

この中でたまに販促ページを依頼される方がいらっしゃいます。

私の場合、現在進行形でアフィリエイターであり、同時にマーケターでもありますので販促ページの依頼が来ることは理解しています。実際に特別料金をいただいておりますがお受けしています。

しかし普通のライターさんに販促ページやキラーページなどの記事は、アフィリエイターの仕事ではないのかと思うのです。それが普通の執筆依頼の中に紛れ込んでいる場合があるんですね。

ライターはおそらく販促はできません。そこまでライターさんに求めてしまってはいけないと思うんですよ。ライターさんの記事はアクセスを集まるための記事であり、それをどう調理するかはアフィリエイターの腕の見せ所ではないでしょうか?

ライターとして無責任に書くことはできますが、おそらくそれでは売れるページは作れないと私は考えています。

「だったら質問してこいよ」と思ってない?

そんなにわからないことがあれば、質問してこればいいじゃない?って思っていたら、おそらく外注は向いていません。

私はアフィリエイターでもあるので、いろんな意図を汲み取って質問ができますが、ライターさんはアフィリエイトサイトを運営する側の気持ちはわかりませんので、質問力はないでしょう。

わからなければ質問はします。でも質問などしなくても、検索ワードの意図は明確になっていてターゲットもわかりやすく、文字数も十分に用意してくれているアフィリエイターもいます。

質問をすることにもかなりの時間を費やしますので、効率が悪いし毎回のことになれば大きく時間は取られます。それだったら、ある程度の文章納品しといたらそれでいいか。となる気持ちはとてもわかります。

結局、思い通りの記事が納品されず、依頼側からしても「このライターは使えない」と思って切ることになるし、ライターからしても時間がかかりすぎるので切られてもいい依頼主になってしまう。誰も得しませんよね。

外注がうまくいかない時の問題点

私も昔、外注を使ってみるという挑戦をした時、全くうまくいかなくて挫折をしました。

結局自分で書かないといけないかなという結論に達して外注を諦めました。結構同じことを経験した人も多いのではないでしょうか?

  • 思った通りの記事が上がってこない
  • 指示の通りに書いてくれない

といったように、いい感じの記事にならないんですよね。

しかしライターをしてみて、昔の自分の依頼方法を思い出してみたら、そりゃあいいい記事が納品されないよね。仕方ない。

問題なのは、依頼する側ができあがりのイメージがフワッとしているのが問題の1つです。いい感じの記事って、どういう記事なのか依頼する側が明確になっていますか?もしかしてライター任せになっていませんか?

絶対的にだれにとってもいい記事なんてものはないので、ライターとしても指示してもらわないと書けません。まずはいい感じの記事ではなく、いい記事とはあなたにとってどんな記事なのかを明確にしましょう。

いい記事を書いてもらうのに大切なこと

明確にするのに必要な情報は

  • キーワードorタイトル
  • そのキーワードの検索意図は
  • ターゲットはどんな人か(年齢性別の他にそのジャンルに対しての知識レベルなど)
  • 十分な文字数

をちゃんと提示してあげること。ちゃんと知識があり、文章をかけるライターさんであれば、これだけ提示すればあなたの思い通りに近い記事を書いてくれるはずです。

あとhタグをしたり文章構成についてですが、アフィリエイター側がそのジャンルについて特に詳しい場合でない限り、ライターさんに任せた方が無難だと思います。それもできないライターさんはあまり使わない方がいい気もします。

ライターやります

最後に告知も。

ホワイトSEOで7桁稼いでいたアフィリエイターがあなたの記事を執筆します。

以前の告知で多くの依頼をいただいて、最初は追いつかずご迷惑をおかけした方もいました。最近は依頼の受け方などもスムーズになってきて、さらに執筆をさせていただく時間を作れるようになりました。

外注が初めてな方や一度外注を失敗した方でも依頼をしやすいように、依頼のフォームを作っていますので何を指定すればいいか簡単に入力して依頼できるように準備していますので安心してください。

少しの間新規の受付をしていなかったのですが、現在は少しだけ空きがあります。でも定期依頼でも2件ほどだけ受けることができますので、ご興味があればお早めにご依頼ください。ライターのご依頼は下記ページからお願いいたします。

>>ライターのご依頼はこちらから