墜ちたアフィリエイターのリアルと半年間で復活のための進路

アフィリエイターとして敗北宣言から半年。

現在はアフィリエイターとしての活動の他に、ライターとして収入を得ている。

敗北を認めたものの、まだ戦いの途中だ。敗北を認めるのが遅かったようで、負債が多くまずはマイナスからのスタート。これがなかなか曲者で、思っていたよりマイナスが多く。ゼロに戻すのに時間がかかっている。

ただ人間並みの生活ができる収入が戻ってきた。なにせ生きているだけで赤字だったのだから、まずはそこから抜け出す事が第一段階。地道にやってきた成果がでた。

これはライターとしての仕事をいただいたおかげ。ありがとうございます。

この半年間、学んだことや、できなかったこと。もっとやればよかったと思うことを赤裸々に書いておこうと思う。売り上げが落ちて不安な人、復活を決意した人、アフィリエイトを諦めた人もぜひ見て欲しい。まだまだ僕らはまだ本気だしてないだけ。挑戦していないだけではないだろうか。

機は熟した。これから反撃に参る。刮目せよ。

半年間でやったこと

敗北を認めてから、この半年でやったのは負債の返却だ。

借金を返し終えたわけではない。いつか話すかもしれないが借金はあなたが想像している以上にある。だが今回はその話は置いておこう。

今回の負債とは、お金の流れの負債だ。僕らの生活の中で生きていくだけで必要な支払いはたくさんある。

  • 家賃
  • 光熱費
  • 食費
  • 通信費
  • 動画配信サービス

など、生きているだけでお金が必要だ。当然だがお金が無ければ支払えず滞っていく。

お金がなくなると、毎日のようにいろんなところから電話がかかってくる。支払いの督促である。

クレジットカードや家賃などはすぐに電話がかかってくる。場合によってはSMSで督促メールがきたり、自動音声で1日に2度電話がかかってきて支払いを促す会社もある。

大抵の場合は1ヶ月までの遅れであれば、そこまでとやかく言われない。

携帯代、電気代、ガス代は約1.5ヶ月で止められる。水道はそこまで高くないので支払っているので止まるところまでは到達していない。そういう意味でも水道が止まるのが最後だというのは案外当たっているのかもしれない。

そして家賃は思っているより滞納できる。1ヶ月は交渉さえすれば待ってもらえるし、最大で2ヶ月滞納ならある。ただし家賃は保証人がいれば連絡がいくのでややこしい。その影響で家賃の支払いは優先していた。そんな状況でも人間は他人には迷惑をかけたくないのだろう。

余談だが将来マンション経営をする場合は、この意味でも保証人はつけてもらうようにしようと決めた。実に効果的である。

と長々と話したが、これがアフィリエイトに負け、支払いができなくなった人のリアルだ

半年前は恥ずかしくて言えなかったが、以前の僕はこのぐらいの状況まで堕ちていた。それまで本当になにもしなかったのだから怠惰な人間なのだなと再確認するに至る。

この負債=滞納をほぼ回収できたのが現在である。まるまる半年かかった。

時間もお金もほぼ滞納の回収にあてた。半年前の記事でライターの仕事を募集して、仕事をたくさんいただけたのが本当に助かりました。アルバイトもしていましたが、時給千円そこそこの収入では生活はできなかったし、ましてや滞納の回収なんてできる状態でなかった。

当時アルバイトをしていましたが、仕事をいただいたあとはできるだけ早く、可能な限り迷惑をかけないようにしてアルバイトを辞めてライター業に専念。

当時ライティングが得意だと思っていたが、とんでもない。

依頼者さんに教えていただいた部分はとても多く、依頼をいただけたこと、チャンスをいただけたことを感謝しています。ありがとうございます。

まだライターの仕事は募集していますので、お仕事いただければ、アクセスを集められる記事書かせていただきます。よろしくお願いします。

ライターの仕事を通して学んだ

ライティングは得意だと思っていたとさきほども書いた。

本気で書けばある程度の順位まではあげられたし、コンテンツ SEOだけで稼いでいたプライドもあった。ただしそのプライドはやはり捨てた方がよかったようだ。

ライターをすればいろんな指摘を受けて、そもそも文章なんて書けていなかったと気づかされる。

たくさんの仕事の依頼の中で、それぞれの依頼者から修正の依頼をいただく。最初は気にならないようだが、毎回同じような間違いをしていると修正が面倒になり、これは指摘しないとお互いに時間の無駄になると感じて、指摘していただいた。

私の場合はまず「ます・です口調」「だ・である口調」が区別がついていなかったし、変な癖もあった。

文章の勉強もせず、独学でやっていたのだから当たり前だ。どれだけプロだと思って書いていたとしても、全く素人の域をでていなかったことを痛感させられた。

指摘をされ俗にいう「ナタリー式」を読み、半年前に比べればだいぶマシにはなったがまだまだ勉強すべきだと感じる。

冒頭でもリンクを貼ったアフィリエイターとして敗北宣言を今見るとひどい。あえて当時のままおかしな部分を残してあるので興味ある方は見て欲しい。

毎日ちゃんと仕事をする

ライターの仕事を通しての学びがもう1つある。毎日仕事をこなすことだ。

ある人がアフィリエイターは納期の意識が少ないと言っていたが、おっしゃる通りだなと。

アフィリエイトの仕事は自分で納期を決めない限り、いつまでもだらだらと仕事ができる。それはさながら毎日残業をするサラリーマンのようだ。

だらだらと仕事を続ける残業が嫌でサラリーマンをやめたのに、サラリーマンと同じでどうする。

仕事をほとんどしていなかった2年間も、毎日PCは開いてデスクに座っていた。ただそこで時間をすごしネットサーフィンをして「悩む」という生産性がゼロの仕事だけをして、なにも生み出していなかった。

ライターとして仕事をするとそうはいかない。アフィリエイトはサイトさえ作ってしまえば売り上げは自動で発生するが、ライターはキーボードを叩かなけれ売り上げが発生しない。ライターをし始めた当初は本当に仕事量を増やせなかった。

最初のころはそのせいで納期を守れなかったこともあり、納期を伸ばしていただくなどの迷惑をかけました。

仕事をしていると頭痛がひどくなったし、本当にキーボードを叩くのが嫌だった。すぐに布団に飛び込みたくなった。ただ我慢してキーボードを叩き続けた。毎日ちゃんと仕事をしないと生活できないからだ。

なにを仰々しく言っているのだろう。ライターとしてとても当たり前である。

ただその当たり前のことが当たり前にできないから、今苦しんでいると痛感する。人間はこうも堕落できるものなのか。とても辛い半年だった。

幸いにも2年間のブランクから、ライターとして半年のあいだ仕事を続けることにやっと仕事に慣れた。

まぁ普通の社会人に戻ってこれたというレベルだが。

これからやろうとしていること

次にやろうとしているのは時間労働者からの脱却だ。

ライターとしての仕事は、そこまで嫌いではない。これからも続けていく。しかしライターという仕事には僕にとって欠点がある。それは時間労働者然とするところだ。

時間労働者とは、時間で収入が計算できる仕事で収入を得ている人のこと。

もちろん時間労働者は悪いわけではない。仕事をやればやった分だけ収入になる。これはとても安心できる。今日頑張って仕事をすれば、明日食べるものを心配せずにすむ。精神衛生上とても良い。だから収入のベースとしてアフィリエイトで稼ぎ始めてもこの仕事は続けていく。

ただし時間労働者のデメリットは、収入が時間か単価に比例することだ。

労働時間 × 単価 = 収入

時間労働者の収入はこの式で計算できる。労働時間を倍にして単価も倍にしても、収入は4倍にしかならない。そして僕にとって最悪なのが労働時間を減らせば収入が減ってしまうところ。

人生において労働時間を限りなく0に近づけていきたいので、労働時間と収入が比例しない仕事をしていきたい僕にとって、この仕事ばかりしていてはいけない。

この半年間は今すぐ現金が必要だったので(これからもそうだが)労働時間の全てを100としたら95はライター業に費やしていた。緊急な仕事だったからだ。これを5だけでもいいできれば10ほど、最重要でかつ緊急性が低い仕事に費やしていきたい。そう、アフィリエイトだ。

引き続きSEOアフィリエイトをやる

まず1つ目としてSEOでアフィリエイトをやっていく。

コンテンツでアフィリエイトしていた僕にとって、やはり正攻法であり得意分野であり、ある程度理解した手法であるからやりやすい。

ちなみにこの半年間はほとんどアフィリエイトの作業はしていない。やらなかったのではなくできなかった。実際には睡眠時間を削ったり、趣味の時間を削ればできたでしょう。ただ現時点では理由があって、それをやりたくないのでやらなかった。これはこのライフスタイルで売り上げを実現をしたいからだ。

この状況で趣味をできるなんて我ながら強心臓だと驚いている。

そのな時間がない中でも少しだけあるジャンルで1ページ書いたところ、順位があがり少しだけ売り上げが上がっている。この結果からコンテンツであげるアフィリエイトは終わってはいないことを確認。

現在アルゴリズムの変更や競合の増大によって、SEOアフィリエイトは終わったようなことが言う人もいる。もちろんこれはTwitter上での冗談や、競合を作らないための詭弁かもしれない。実際のところはわからない。やり方が悪いだけかもしれない。実際に稼いでいる人もいるではないか。

やってみないとわからないので、まずはやってみる。ただし今までメインジャンルは転職だったのだが、別ジャンルに挑戦してみるつもりだ。

実績はまたここで公開しようと思っている。

PPCアフィリエイトに挑戦

今までSEOアフィリエイトにしか手を出さなかったのだが、PPCアフィリエイトにも挑戦する。

もちろんこの方法がお金がかかることを知っている。だからといって少額で初めてはいけないわけではない。論理的にトライアンドエラーを繰り返せば、できるようになるんじゃないかという期待だ。

根拠はないが、たぶん大丈夫。

SEOでやるべき案件と、PPCでやるべき案件はおそらく違う。Facebook広告も違うようだ。これは理由をASPのセミナーで聞いて腑に落ちた。

ちなみにPPCをやる理由はスピードのためだ。毎月少しずつ現金を投下してみて、だめだったらやめればいいだけ。これがこの半年間ですこしずつでもいいからやっておけばよかったと思うことである。もっと早く始めるべきだったけど、その精神力はなかったな。

これもまたどうなったかこのブログで報告する予定だ。

まだまだゼロに戻っただけ

なにか偉そうに書いているが、全く復活したわけでもなく滞納をしていたところから、通常の社会人と当たり前のラインまで戻ってきただけだ。ただ半年前に比べれば相当マシな状況にある。

少しは前に進んでいる。半年後にはもっと進んでいたいですね。

そのために生活のための収入だけでなく、未来のための積立の仕事を開始していきます。

まだまだライターとしての仕事はさせていただきたいし、半年間やって多少はライターとして求められる記事がかけるようになったと感じています。もう元アフィリエイターだみたいな変なプライドもありません。真摯に書かせていただきます。

ライターをさせてください

最後にお願いがあります。

ライターをさせてください。お仕事をいただけないでしょうか?

もしこれから作るサイトや、現状で作っているサイトにてライティングが必要であれば、仕事として書かせていただけないでしょうか?

現在仕事が立て込んでいない時期ですので、キャンペーンをします。あまり増えると、生活が成り立たなくなるのでそんなにお受けできませんので若干数だけ。早い者勝ち!と言ってもすぐには埋まらないと思いますが。

通常は3.5円/1文字ですが3円/1文字でお受けします。

得意ジャンル

  • 一般転職
  • 自動車関連(保険や買取など)
  • AGAや育毛剤
  • 浮気調査
  • 金融(特に債務整理や借金の経験談や法律関係)
  • ダイエットや健康

などであればかけます。あとは不動産関係も勉強中。

2000文字程度から、内容によっては10000文字を超えるテーマでの執筆も可能です。ターゲットを伝えていただければその人に合わせた単語などを選び、その人の視点で書くことは得意です。

まずは1記事お試しも可能です。満足できなかった場合は請求いたしません。依頼するかどうかを悩んでいるのなら試してみてください。

得意ジャンルではなくてもご相談ください。調べながら書きますし、単純なリライトではなく本などからの情報やエビデンスがあるものはURLを添付しながら書くこともできます。

下記フォームから問い合わせください。